住宅ローンの返済を楽にするには?

もしも、住宅ローンを返済中に失業してしまったら残りのお金をどう返済していけば良いのでしょうか。
問題が起こっても事前に対処出来るようにしておかないとダメですね!! 第一にやるべき事は、自分の今の状況把握です。
私に非はなく会社側の理由で辞めることになったのか、理由によっては、退職した後の支給金に大きな差が出るからです。
会社側の都合であれば、1年間は失業手当が出ますので新たな職場探しをしながら、返済に充てるというのも方法です。
けれども、延滞してしまうと信用を失いローンが組めなくなるので優先順位を考えて行動するようにしましょう。
住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫などから審査を受ける必要があります。
住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査はとても慎重に行われます。
審査の合否判断には約1週間前後かかります。
結果は口頭もしくは電話で伝えられます。
審査を通過しないとフラット35は組めません。
そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。
契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。
諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。
たいていの場合、数十万?数百万単位の金額が指示される様です。
近い将来、新しく家を購入していく計画を立てている方で親族に援助してもらいながら返済していく方は、もしも贈与税が発生した場合に備えて確認しておかないとダメですね!! 親などから貰うお金が高額の場合にかかる税金で、仮に、義父母から110万円以上のお金を手渡しされた場合、1割である11万円を税金として払う必要があります。
ですのでそれよりも安い金額であれば申告する必要はありません。
他にも年齢や金額によって細かく決められているので、出来るだけ手数料をかけずに返済していく方法を考えましょう。
これからかかってくる税金も合わせて調べておかないとダメですね!!新築を建てるには予算がないけれども、何とかしたいそういった方には、安い中古物件のフラット35などの長期固定金利住宅ローンはどうでしょう。
ですが、必ず確認しておきたい点がいくつかあります。
一つは返済期間が新築の場合と比べて短くなってしまう点です。
その理由として古い物件なので耐久力が劣っている場合が考えられ返済期間が通常よりも10年ほど短いのが特徴です。
良い面だけでなく、合わせてデメリットも把握しておかないと思っていたよりも高い支払いを迫られるかもしれません。
またリフォームが必要な場合もあるので、その費用も合わせてどの程度お金が必要なのかを調べる必要があります。

新生銀行住宅ローンの謎と秘密を暴く!