看護師が転職するならどっちが良い?大きい病院と小さい病院の違いは?

看護師となるための国家試験は、年に1度あります。
看護師の人数の不足が問題となっているわが国にとっては良いことに、直近数年の看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを保ち続けています。
看護師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格を勝ち取ることのできる試験です。
叔母にあたる人が、とうとう離婚をしてふるさとに戻ってくることになりました。
久方ぶりに会った叔母は思っていたより元気そうで、「私は看護師をしているのだから、仕事に困ることはない。
あんな男に世話してもらわなくても余裕で暮らしていけるわ」と吹っ切れたように笑っていました。
看護士を志望する理由は本当に何をきっかけにして看護師になりたいと思ったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。
転職の時の理由はこれまでに経験したことを活かしたいさらに人の役に立つスキルを習得したいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。
以前の職場への批判などは口にしないことが大事です。
単に看護師とっても、現場で意欲的に職務をこなしたいのか、介護がらみの職につきたいのか、はたまた、専門資格を有効活用できる事務的な職務につきたいのか、多様にあるでしょう。
でなければ、大きな病院で仕事したいのか、あるいは、小さな個人病院に勤務したいのか、勤務地の人数や働く時間に望みがあるのかもポイントです。

看護師転職時の履歴書は手書き?好印象な書き方解説【パソコン作成OK?】