頭皮ケアの方法ナビ - 正しいシャンプーから役立つグッズなどTOP > 作用について > フケ防止に

フケ防止に

 

フケの有無は、頭皮ケアができているか否かのバロメーターになります。

 

そのため、フケが気になるという方は頭皮ケアの方法を変えたほうが良いかもしれませんね。

その基本は「刺激を与えない」ということが大切です。

 

洗髪する際などに頭皮に刺激を与えると、炎症などを引き起こす可能性がありフケの原因となってしまいます。

 

また、血行の悪さや乾燥などもフケの要因として考えられます。

 

よって、フケを減らしたいから(汚れを取りたいから)と強く擦ったり、高音でドライアーを使いすぎたりすると、かえってフケの増加を招くケースが増えるようなので気をつけましょう。

 

さて、フケを予防する手軽な方法としては、洗髪前の水洗いが挙げられます。

 

シャンプーを使う前にぬるま湯で髪をすすぎましょう。

 

そうすると、髪がお湯に馴染んで頭皮への刺激が軽減されます。

 

そして、シャンプーは自身の体質に合った低刺激のものを使用して下さい。

 

手にとって十分に泡立ててから、マッサージをする要領で頭皮に馴染ませていきます。

 

その際、強く擦りすぎることのないよう注意しましょう。

 

爪は立てずに指の腹で揉むようにしてシャンプーします。

 

頭皮に傷をつけると、炎症や乾燥を招きやすくなるので気を付けて下さいね。

 

それでもどうしてもフケの量が気になるという方、洗い方やシャンプーを変えても改善が見られないという方は、皮膚科を受診してみましょう。

 

頭皮専用の医薬品もあるので、そうした薬を使用することで症状が改善されるかもしれませんね。

 

その他、一部ではヘアトニックや整髪料などがフケの原因になるケースもあります。

 

心当たりのある方は、そうしたヘア用品の使用を控えてみてはいかがでしょうか。

 

作用について記事一覧

抜け毛予防に

頭皮のケアが正しくできていないと、フケや抜け毛が増えて薄毛の原因になってしまいます。そればかりか、今では頭皮の臭いまで気にするマナーの時代ですよね。しっかりと頭皮を...

頭髪の臭いに

頭皮の臭いは、フケの発生などに伴って生じると言われています。特に湿り気のある「湿性フケ」については、細菌の繁殖を促進するため悪臭の原因となりがちです。また、男性は皮...

フケ防止に

フケの有無は、頭皮ケアができているか否かのバロメーターになります。そのため、フケが気になるという方は頭皮ケアの方法を変えたほうが良いかもしれませんね。その基本は「刺...

乾燥予防に

頭皮のケアを行なう上で、忘れてはならないのが乾燥予防です。特に冬場は空気が乾燥するので、しっかりとした頭皮ケアが必要になります。また、頭皮の乾燥は血行の悪化や代謝の...